行方調査(人探し)

あの人に会いたい…人探しで悩んでいませんか?

悩みを打ち明ける女性

行方調査とは、家出人や失踪者など自らの意思で居場所を隠している人物の所在や、音信不通となっている親族の所在を判明させる人探し調査です。

  • 家出した息子(娘)さんを探したい
  • 父親、母親を探したい
  • 孫の顔が見たい

と家族から依頼されるケースが多く、行方不明者の情報量が調査成功の鍵を握ります。
狭い沖縄では、地域住民同士の関わり合いが強く、現地に聞き込みにいった際、調査の目的に納得して、親身になって協力をしてくれる住民の方もいます。
探偵調査の力量が問われるのが行方調査!
大事な家族だからこそ、元気なうちに再会したいですよね。

※(注)DV・ストーカーを原因とする行方調査を受託・調査することは、探偵業法で禁止されていますので、お問合せがあったとしても一切お引き受けできません。

沖縄の人探しなら佐久真探偵事務所へ

聞き込みする調査員
  • 基本的に行方調査を行う場合は、基礎調査を実施して、現地に調査員を派遣し、聞き込みにより判明させます。
  • これまでずっと心の奥にしまい込んでいたものが、行方調査により解決し、清々しい毎日の生活を送ることができます。

行方調査のメリット

家出の種類を選ばない

感謝する男性
  • 行方不明者の捜索は、警察と探偵のいずれも対応が可能ですが、警察の場合は、人の生命・身体にかかわる事案であれば積極的に捜索をしてくれます。
  • 一方で、それ以外の単なる成人者の家出などの場合には、捜索はしてくれません。
  • 探偵であれば、家出の種類は問わず、依頼があれば調査を行います。(※DV・ストーカーに起因する行方調査は除く。)

直ぐに動いてくれる

さまざま提案をする女性
  • 探偵はお客様から依頼を受けた時点で調査が可能です。情報を基に基礎調査を踏まえつつ、対象地区を絞って聞き込みを中心とした調査を行います。

※(注)ただし、行方不明者に関する情報量が乏しい場合は、調査が難航するケースもあります。

元刑事係長の視点から的確なアドバイス

アドバイスする男性
  • 当事務所のポリシーとして、まず行方不明者の情報量をお聞きして受託の可否を判断します。
  • お断りするケースとして、「対象者が既に死亡している可能性が高いケース」、「情報が断片的で乏しい」など、成果があがらなければ、料金をお支払いしたお客様にご迷惑をお掛けすることになるからです。
  • 情報内容を吟味し、受託できるどうかも含めて、元刑事係長としての経験を踏まえた的確なアドバイスを行います。

お客様に寄り添い、真摯に対応します

佐久真探偵事務所におけるお問合せからサービスをご提供するまでの流れをご紹介します。

お問合せ

電話相談を受ける女性無料相談
  • 行方不明になった時期やキッカケは?
  • 氏名、生年月日、出身地、勤務経歴は?
  • 趣味、嗜好、学校、友人、知人、同僚、昔の交際相手など

多くの基本情報が必要です。
当事務所としても行方調査に関しては、安易に探し出せるとは言いませんし、可能性の大・小で面談の可否を判断します。

面談

プラン提案する女性面談無料

ご相談は、お客様のご都合に合わせて、面談の日時・場所をお決めにいただいております。
元刑事係長の経験がある弊社代表が直接お話をお聞きします。
面談、お見積りは無料です。
最低限、行方不明者の顔写真や、使用車両の特徴等については答えられるよう準備しておいてください。

ご契約

ご契約書と印鑑わかりやすい料金

調査内容やお見積りに十分ご納得いただきましたら、ご契約の手続きとなります。
探偵業務の依頼は、探偵業法により、「重要事項説明書」、「契約書」、「利用目的確認書」の作成が、法律上義務付けされています。
お支払いは方法は、お客様と個別に協議して、全納、分割などお引き受けいたしております。

調査開始

人探しをする男性執念の調査

基礎調査として、戸籍調査、地図調査等を行うほか、対象地区周辺にチラシなど配布したします。
さらに、事前に得た情報と基礎調査がうまくマッチングした場合は、行方不明者を発見できる可能性が格段に上がります!
現地に調査員を派遣して、地道に聞き込みを続けて行方不明者の発見に努めます。

報告

調査結果を報告する女性詳細な調査結果

調査終了後、速やかに調査結果を報告いたします。
調査報告書や車両代などの諸経費は、すべて調査料金に含まており、無料でお引渡ししていますので、見積額以上のお支払いはありません。
発見に至らなかった場合でも、行方調査に関する経過を記載した報告書をお渡しいたします。

行方調査事例

子どもの顔が見れて感謝する男性

35年前に別れた子ども達の顔が見たい

  • 浦添市のAさん
  • (65歳)

(依頼内容)
私には離婚歴があり、35年前に別れた元女房との間に子どもが1名います。月日が流れて、今思うことは、子どもに何かしてあげれなかったと後悔する日々を送っています。

(調査の結果)
戸籍調査、地図を中心に進めて、約1週間ほどで居所が判明し、成人して既に父親となっている子ども達の写真を撮影して報告しました。

(ご報告後)
ご依頼者さまは、立派に成長されたお子さんとお孫さんの写真に目を細め、小さく「ありがとうございました。」と話されていました。

感謝する初老男性

元交際相手を探している

  • 那覇市のBさん
  • (70歳)

(依頼の内容)
私は、一度も結婚することもなく生涯独身の身です。元交際相手と別れた後、子どもができたと言われましたが、認知しませんでした。自宅や私の身の回りで不幸なことや嫌がらせが相次ぎ、元交際相手や子どもに憎まれていないか、心配です。

(調査の結果)
交際時期は、40年以上前のことで、元交際相手に関しての情報量が乏しく、出身地、氏名、年齢のみしか分かりませんでしたが、出身地が旧来からの住宅街であったため、聞き込みにより交際相手を特定しました。
直接、交際相手の親族と会い、話を聞く機会があったのですが、子どもができたとの話しはただの風評でした。

(ご報告後)
長い間、子どもいるものだと思い、女性に悪いことをしたと反省しながら生きてきた。自宅周辺で起きた嫌がらせは、元交際相手とは何の関係のないこと分かっただけで心の荷が下りました。ありがとうございました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

いかがでしょうか。このように、高い調査力をほこる「元沖縄県警の刑事係長が代表を務める探偵事務所」の聞き込みを主とする行方調査により、解決に導いた調査事例があります。

「もう一度あの人に会いたい」、「謝罪をしたい」、「元気に過ごしているか写真だけでも見たい」というお悩みがある方は、沖縄で選ばれる佐久真沖縄探偵事務所に、ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください。