浮気しやすい人の特徴

探偵の仕事は7割が浮気調査になり、「子どもがうまれてから浮気をした」「熟年夫婦になって旦那が浮気をした」などと浮気の相談は多くあります。

今回は、浮気で悩んでいる方に、

  • 浮気しやすい男の特徴、女の特徴
  • 浮気のチェックポイント
  • やってはいけないこと

について、お話させていただきます。

浮気しやすい男性の特徴

一人でいるのを極端に嫌う

浮気しやすい男性の特徴

寂しがり屋の男性は浮気しやすい傾向にあるといえます。
パートナーとデートの日程が合わなかったりすると、寂しくなり、他の女性に心を満たしてもらおうとします。
心の隙間を埋めたいという思いが強くなってしまうので、その場しのぎで連絡をとってしまいます。
浮気を問い詰めたとしも「別に好きじゃなかった」と言い訳してきます。

わがままで自由奔放

わがままで自由奔放

浮気する男性は自由を好みます。
束縛されてしまうと、自由に浮気したり女性と遊ぶことができないからです。
少しでも束縛すると怒ったり、約束をすっぽかす、デートをしていても一人でどこかに行ってしまうなど、自由行動が多いのが特徴です。
こうした自由奔放な男性は、浮気自体にも罪悪感がない場合が多く、浮気しやすいタイプといえるでしょう。

やたら束縛してくる

やたら束縛してくる

交際している女性に過度な束縛してくる男性は浮気しやすい傾向にあるといえます。
一見、束縛は過度な愛情表現のように感じられるかもしれませんが、束縛する心理はというのは、女性を心から信用していないからこそするものです。
また、男性自身も浮気をしたいという願望があるので、常に監視をしていないと、この女性も浮気をするのではないかと不安でたまらないのです。
過度な束縛をしてくる男性は、自分のことは棚に上げて、相手には対しては、裏切られたくないという、自己中心的な考えの持ち主で、自分以外は誰も信用できないのが特徴です。
束縛は、決して愛情表現ではありません。

外見などの見た目を重視する

外見などの見た目を重視する

女性の容姿や職業などにやたらとこだわる男性は浮気しやすいタイプです。
このタイプの男性は、容姿や地位のある女性といることで、他の人より優位に立ちたいと思っています。
釣った魚にはエサはやらないという言葉があるように、付き合い当初の気配や優しさはうわべだけで、徐々に正体をあらわしてきます。
自分にとって価値のある女性にしか目がないので、恋人と街を歩いていても、綺麗な女性がいると直視したりします、常にキョロキョロしています。
このような男は、もっとよい条件の女性が現れたら、すぐに浮気して乗り換える可能性が高いので気を付けましょう。

友人が少ない

友人が少ない

同性の友達が少ない男性も浮気しやすい傾向にあるといえるでしょう。
同性の友達が少ない理由は、自分が優位に立たなければ気が済まないため、男同士の友情を保つうえでの最低限のルールや常識が守れないことが多いからです。
簡単に女性に手を出す男性は、自己中心的に行動して浮気をしても自分は悪くないんだと開き直り、一切非を認めようとしません。
こうした男性は、必然的に同性にも好かれず、友人も少ないのです。
このような男性を判断するヒントとして、類は友を呼ぶではありませんが、男性の周りにいる友達を、みてみるのも非常に参考になると思います。

浮気しやすい女性の特徴

さみしがり屋

浮気しやすい女性の特徴

単独行動が苦手な女性は、浮気しやすい傾向にあります。
単独行動がさみしいため、いつも他人と行動を共にしようとしたり、SNSなどで他人とつながっていないと落ち着かないなど、心当たりはありませんか?
外出時に誘う相手が異性でも当の本人自身はあまり気にしていないため、無意識のうちに異性とのデートになってしまっていることが多いです。
誘われた男性のほうが多少好意をもっていたり、そこから意識したりすることも考えられます。
食事、映画、買い物だけのデートが、いつしか肉体関係までに発展してしまうのも時間の問題です。
このようなタイプの女性は、1人でいることを極端に嫌ったり、誰かつながっていたいという、心の寂しさや心のスキから、浮気に発展しやすいところがあります。

よく飲みに行く

よく飲みに行く

男友達が多く飲み会などによく参加する女性も、浮気しやすい傾向にあります。
老若男女問わず、飲み会は気分が解放されて楽しいものです。
ついつい飲みすぎて酔ってしまうと、その場の勢いでラブホテルにというケースも十分あり得ます。
ノリが良い女性であれば、なおさら男友達との仲も深まることになり、酒の場で言い寄られることも十分考えられるでしょう。
気づけば男女関係に…
出会いが多ければ多いその分、本人に恋愛の意識が無くても、相手に好意をもたれ言い寄られることも当然増えてきます。

何事も流されやすい

何事も流されやすい

何事も流されやすくて、自分の意志をしっかりもっていない女性は浮気をしやすい傾向にあります。
押しの強い男性から「君が好きだ」「本気だ」なんて甘い言葉を言われ、断るに断れず、浮気してしまうこともあります。
自分の信念をもっていないと、男性も近寄ってきます。
相手の言われるがままに、気が付くと浮気をしていたなんてケースもあります。

男性中心の職場で働いている

男性中心の職場で働いている

仕事をしている女性は、仕事していない女性に比べて、異性と出会う機会が多いため、浮気・不倫に発展する傾向があります。
特に、男性がたくさんいる職場では、出会いも増えます。
1日のうちで、仕事をしている時間は大半を占めます。
パートナーといる時間より、同僚といる時間の方が長いものです。
共有する時間が長ければ長いほど、その分親しくなります。
また、仕事上での関係から、男女として意識するまでに進展するのもそれほど難しくはありませんし、職場内での不倫はよく耳にする話です。
特に、上司と部下の関係はよくあるケースでしょう。
同僚達からも信頼があって、頼りになる年上の男性上司から突然、口説かれたりすることも十分考えられます。
また、困難な仕事を一緒に乗り越えたり、成果をあげたりするなど、喜びを共通する場面やお互いの中で連帯感がうまれてくるものです。
仕事の上司部下、同僚という意識から、いつのまにか恋愛関係に発展してしまうことも大いにあります。

浮気を見破るチェックポイント

何かおかしいと不信感があるものの、浮気とは断定できないため、悩んではいませんか?
行動が怪しいという時点で、きっとその理由は何かしら存在するものです。
連れ添った年月が長ければながいほど、浮気の疑いを直感的に感じているとすれば、可能性はゼロではなく、ほぼ黒に近いグレーです。
ここでは、浮気を見破るポイントを紹介していきます。

まずは携帯を確認してみる

まずは携帯を確認してみる

浮気しているか見破るためにパートナーの携帯電話をチェックする場合には、まず画像フォルダのチェックをしてみましょう。
フォルダ内に浮気相手との写真がないか、撮影された日付は、別の用件があって出かけていた日なのか、消去されたデータも調べてみましょう。
そのほか、マッチングアプリが無いかどうかも確認してみはいかがでしょう。
インターネットやGoogleマップなどの検索履歴も参考になります。
飲食店、ラブホテル等の検索履歴が出てくることもあります。

行動変化をチェックしてみる

行動変化をチェックしてみる

浮気しているか見破るためにパートナーの日常生活における変化を気にしてみましょう。
急に容姿を気にしだした場合や趣味が変わったときなどは怪しくなります。
洋服にあまり興味がなかった旦那が急に若作りするようになったり、突然、高級車を購入したり、派手な下着を購入したり、身に着けているものや、持ち物に必ず変化がみられるはずです。
また、帰宅後の様子も気にすると変化がみつけられたりします。
例えば、帰宅後、すぐに風呂に入るようになった、ラブホテルや浮気相手の香りを気にしたりするので、隠そうとする心理がはたらきます。
繁忙期などでもないのにやたらと残業が増えたり、飲み会や買い物と称していそいそと出かけたりして長時間帰宅しないケースもかなり怪しくなります。
車の使い方にも、わかりやすい変化があったりします。
車の助手席のシートの位置が変わっていたり、車を頻繁に掃除するようになっときには、車を浮気に利用したり、浮気相手の髪の毛などの痕跡を消している可能性があります。
女性の場合は、口数が減る傾向にあります。
女性は浮気した場合、男性のようにパートナーと浮気相手の両方と関係を続けていこうと場を取り繕ったり、うまくごまかそうとしたりできません。
女性の方は精神的にも依存しやすいので、浮気相手に本気になって、どっぷりはまりやすいのです。
浮気している男と一緒になりたいがために、わざと男の車に小物や身に着けているもの置いたり、なにかしらの痕跡を残そうとします。
自分の存在を浮気相手の奥さんにアピールして、夫婦関係を破たんさせて、浮気相手の男性と一緒になろうとするような強気にでてくることもあります。

絶対にやってはいけないこと

パートナーが浮気をしているかもしれないと感じて調べてみるときに、してはいけない2つのことがあります。これらの行動と理由を紹介していきます。

不正アクセス(無断ダウンロード)

不正アクセス(無断ダウンロード)

位置測定アプリをパートナーの携帯電話に勝手にダウンロードしてはいけません。
他人の携帯電話に無断ダウンロードすることは、不正アクセス禁止法に抵触する可能性もあり、犯罪行為に該当します。
また、離婚裁判や慰謝料請求においても証拠として認定されません。
ただ、リスクを背負うだけです。

証拠もないのに問い詰める

証拠もないのに問い詰める

問い詰める行為は、浮気を見破るために特にやってはいけない行動です。
相手が浮気を認めたとしても、不貞行為の証拠にはなりません。相手が警戒してしまい、証拠を隠滅される可能性があります。
また、相手が浮気していない場合、信頼を失って喧嘩や別れにつながることもあります。
パートナーを問い詰める行為は証拠があってからするものです。

何せず見て見ぬふり

何せず見て見ぬふり

浮気の疑いがあっても何もしないことは、絶対にやってはいけないことです。
気づいた時には、手遅れになっている可能性があるからです。
浮気から本気の恋に発展して家庭を捨てて、浮気相手と結婚することはよくあることです。
そうならないためにも、いざという時のために、浮気の証拠を押さえておく必要があります。
浮気(不貞行為)の証拠を押さえた場合、浮気をした旦那、奥さんが有責配偶者と認定され、原則として、有責配偶者からの離婚裁判を起こすのはできません。

まとめ

パートナーの行動や言動に浮気の疑いを感じているなら、目をつぶらず、自分自身の将来のために、その原因を明らかにしていきましょう。
それが一番あなたのためになります!

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。