不貞行為とは

不貞行為とは!?

不貞行為とは!?

夫婦にはお互いが性的に純潔を保ち、配偶者以外と異性と性行為を行ってはならないという貞操義務があります。

配偶者以外の異性と性的関係をもつことを、民法で、貞操義務違反(民法第770条規定)といい、一般的には、浮気・不倫と呼ばれています。

不貞行為は、民法上の「不法行為」(民法709条)に該当しますので、不倫があった場合には、パートナーや浮気相手に対して、精神的苦痛を受けた損害賠償として、慰謝料の支払いを請求することができます。

また、慰謝料の請求のほかに、不貞行為をしたパートナーに対しては、離婚の裁判を請求することもできます。

※ただし、婚姻関係が不貞行為の時期に、すでに破たんしていたような場合には、法的に保護する利益がないものとして、慰謝料の請求はできません。

不貞行為の基準とは

不貞行為の基準とは

どのような行為が不貞行為となるのか?
逆に不貞行為とならいない場合を、お話していきます。
配偶者以外の異性と、映画に行ったり、ドライブに行くなどのデートや、キス、ハグなどは、浮気といえば浮気になるのかもしれません。
しかし、このような行為は、法律で定められている「不貞行為」とはなりません。
不貞行為となるのは、配偶者以外の異性と性的関係をもつことです。
他の異性との性交渉を目撃した場合はもちろんですが、実際にそのようなこと稀です。
判例では「性交渉があったと推認できるに至る充分な状況」が認められた場合も不貞行為として考えられています。
よくあるのがラブホテル利用です。
ラブホテルという場所は、世間一般では肉体関係をもつ目的で利用するものと考えられています。
ラブホテルに入って相当な時間出てこない場合は、性交渉があったと推認できるに至る充分な状況に該当し、不貞行為とみなされます。
離婚裁判で不貞行為を離婚理由として認めてもらうには、ある程度継続的に不貞行為を行っている事実が存在しなければ認定は難しくなります。
※過去の判例では、1回のみの不貞行為を理由に、離婚を認めたケースはほとんど存在しません。

同性同士でも不貞行為になる!?

同性同士でも不貞行為になる!?

これまでの説明では、不貞行為とは

配偶者ある者が自由な意思に基づいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと

と話してきましたが、令和3年に入り、この見解を覆す判決がでました。
本裁判は、妻と不倫した女性に夫が損害賠償を請求できるかどうかが争われた訴訟です。
東京地裁が、同性同士の性的行為も「不貞行為に当たる」として、相手側女性に損害賠償を命じる判決を言い渡しました。

これまで、不貞行為とは、男女間の性的行為を意味するとの見解が法律家の間では有力でしたが、「不貞行為は男女の行為だけでなく、婚姻生活の平和を害するような性的行為」も対象となりうると、司法判断がでたのです。(令和3年3月16日付、産経新聞一部引用)

これまで、不貞行為は、男女間の性的行為との見解が広く認識されていました。
しかし、今回の判決で同性でも不貞行為になりえるとし、同性をも不貞行為の対象とする明確な基準を示したのです。
現在では、同性カップルも社会的に認知され、理解も深まっています。
今後は、同性同士の不倫についても不貞行為を認める判決が増えていくことが予想されます。
また、これまで同性同士の不倫で泣き寝入りしていた方々にも、画期的な判決だったといえるでしょう。

同性愛が理由で離婚できなかったの?

過去に、同性同士の不倫については、「その他婚姻を継続しがたい事由(民法770条1項5号)」を適用して離婚を認めた裁判例があります。
(名古屋地裁:昭和47年2月29日判決)
不貞行為(民法第770条第1項1号)の方が、その他婚姻を継続しがたい事由(民法第770条第1項5号)よりも、精神的苦痛が大きくなるといわれているので、慰謝料は高くなります。

不貞行為の証拠とは!?

不貞行為の証拠とは!?

不貞の証拠とは、配偶者が浮気相手との間に肉体関係があったことを裏付ける証拠のこといいます。
ラブホテルへの出入りや、一方の自宅での宿泊など、だれがみても納得するような探偵が撮影した客観的な写真、映像等のことです。
証拠がないにもかかわらず、浮気の疑いだけで、配偶者を追求などしてしまうと、証拠を隠される可能性がありますので、ここは慎重になっていただきたいと思います。
相手を問い詰めたりすると、その後の調査において、浮気の証拠をつかむことに膨大な時間と費用がかかってしまいます。
慰謝料を請求する前、または、離婚を要求したりする前には、確実な不貞の証拠を押さえておく必要があります。
後で、「既婚者とは知らかった」「何もしてない」などと言い逃れされてしまわないように、だれがみても納得のいくような、探偵事務所などが撮影した不貞の証拠を集める必要があります。

【不貞行為の証拠】

  • 本人が不貞事実を認めている申立書
  • ラブホテルに二人で出入りする写真、動画
  • 不貞相手の家に宿泊する写真、動画
  • 不貞行為を認める音声データ
  • 不貞相手の家への複数回の立寄り
  • 妊娠・胎児を証明できるもの
  • 不貞関係を記した日記やメモ
  • ホテルのサービス券、ライター
  • 性的関係をもったことが推認できるメールなどのやりとり
  • 探偵などが作成した調査報告書

【故意・過失の証拠】

  • 既婚者であることを知っていることが分かる不貞当事者のメール、手紙などのやりとり
  • 日常的に結婚指輪をしている事実
  • 友人、知人であり、結婚していることを知っている

ご自身で証拠を集めるのが難しい場合には、我々のようなプロの探偵事務所に浮気・不倫調査を依頼して証拠を集める方法もあります。
ぜひ、沖縄の探偵として業界初となる地元新聞社から特集された安心と信頼のある「佐久真沖縄探偵事務所」にお問い合わせください。
あなたのお悩みを解決します。

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。