探偵料金を安く抑える方法

一般的な探偵の料金プラン

タイプ メリット デメリット
時間料金制 料金が比較的明朗 長時間になると割高
パック料金 割安な料金 短時間で終了は割高
成功報酬制 成果に応じた支払いが可能 成功の定義が曖昧でトラブルのもと

探偵の料金プランは、大きくわけて3タイプあります。

  • 1時間ごと時間を消化していく時間料金制
  • 調査料金、諸経費がパッケージのパック料金制
  • 調査の成果によって料金を支払う成功報酬制

3つのプランがあます。
このページでは、皆様の疑問を解消するため、探偵の料金プランについて、具体的に説明していきます。

① 時間料金制プラン

1時間ごとの料金から算出される料金プランになります。
1日限定の調査で比較的短時間ですむことから、低料金で調査が終結するもっともお勧めのプランになります。
これらのプランは、調査の前にある程度の情報をつかんでいて、浮気相手と密会するであろう日時などがわかっているときに、ピンポイントで調査を行います。
充分な事前のリサーチがあり、対象者の行動パターンを把握している場合は、調査が短時間で終結する可能性が高いので、1日限定で依頼した方が、料金を抑えることができ、だいぶお得になります。

② パック料金制プラン

パック料金制は、1日限定の時間制料金とは異なり、対象の事前情報が乏しく、不貞の証拠を押さえるまでに、どれくらいの日数・時間がかかるかわからない場合におススメのプランです。
当然ですが、パートナーも浮気をしていることを知られないようふるまうので、はっきりとした密会日が分からない場合には、このパックプランをご案内しています。
ちなみに、ほとんどのお客様がご利用しているのは、このパックプランになります。
佐久真沖縄探偵事務所では、10時間パック15万円(税込)からご案内しており、パックプランでは、通常、他社で後払いになる車両費、報告書作成費用、特殊機材などの諸経費はコミコミとなっています。
原則、ご契約金以外の追加料金の支払いはないので、はじめから支払う料金が決まっているのは依頼する側としても、とても安心です。
ただし、注意すべきなのは、探偵の料金は一律ではありませんので、会社によっては、このパック料金はも異なりますし、パック料金以外とは別に、追加経費が発生する探偵事務所もあります。
必ず依頼する前には、お問い合わせして料金体系を確認した方がよいでしょう。

③ 成功報酬制プラン

成功報酬制はご契約時に着手金を支払い、調査が成功した場合に報酬金を支払う料金体系です。
調査の「成功」に、これといった定義がないため、探偵社の考える成功の認識と、依頼者が考える成功の認識に違いがあって、後々、トラブルが発生する可能性が高いプランになります。
沖縄県では、浮気調査や素行調査で成功報酬制をとっている探偵会社はあまりありません。
もし、成功報酬制をとっている探偵事務所がありましたら、何をもって成功になるのか、成功の達成の度合によっても、報酬金額が変わるのかを、ご契約前には、必ず確かめておく必要があります。
お客様の後々のトラブル防止のためです。

その他調査にかかる経費

その他調査にかかる経費

ここまでは、探偵の代表的な料金プランについて、ご説明しました。
次は、料金プラン以外に発生する諸経費について、ご説明します。

1.延長料金

契約時に決めた調査時間を超えてしまった場合に、調査料金とは別に延長料金が発生することがあります。
延長料金の加算は、探偵事務所によってもバラバラです。
1時間単位もあれば、5時間、10時間単位になることもありますので、ご契約の際には、しっかり確認しておく必要があります。

2.車両代金

車社会の沖縄では、車やバイクによる尾行が9割以上を占めています。
車を使用した尾行であれば調査1日1台につき、おおむね3,000円前後となります。
1日1台にあたり、3,000円前後と比較的安いように感じますが、調査回数が10回を超えると、車両代金も、5万円~10万円前後の金額になるので、ここもしっかり確認しておく必要があります。

3.特殊機材代金

代表的なものでいうと、GPSなどの位置測定機器があります。
探偵社によって使用しているGPSの性能には、かなりバラつきがあります。
高精度のGPSを使用している探偵事務所もあれば、月額数百円程度の精度の悪いGPSを使用している探偵社もいるので、この点も注意して確認してみましょう。
実際に、使用しているGPSを見せてもらい、機種・メーカー、どのくらいの精度なのかを確認するのも一つの手です。
なお、GPSレンタルに関しては、1日単位でのレンタルや、1週間単位のレンタルがあり、1週間でおおむね20,000円~50,000円くらいになります。

4.交通費・宿泊費

対象者を尾行中に対象者が愛人とレストランなどの飲食店に入ったり、乗っている車をパーキングに駐車するなどした場合のパーキング代のほか、ビジネスホテルに宿泊した場合の宿泊費など、別途、諸経費も発生することがあります。
これら料金については、領収証と引き換えに支払いするべきでしょう。

探偵料金の相場

探偵料金の相場

1.浮気調査

浮気調査は、依頼案件の中で最も多く7割を占めています。
探偵に依頼すると、確実な浮気の証拠をつかむことができます。
離婚を優位に進めたい、浮気相手に慰謝料を請求したいなど、確実な証拠があれば、強気ででれます。
沖縄県における浮気調査の料金相場は、10万~40万円となっています。

2.素行調査

浮気調査と併用してやることが多いですが、素行調査についても、10万~40万円くらいとなっています。

3.行方調査

人探しや家出人の捜索などです。
沖縄は地域住民の関わり合いが比較的強い県になりますので、協力者を1人でも確保すれば、2人、3人と増えていくので、探し出す可能性が高い県の一つといえるでしょう。
行方調査の料金相場は10万円~30万円となっています。

探偵料金が高額になる原因!!

探偵料金が高額になる原因

1.対象の行動把握ができていない

事前リサーチがあって、浮気相手との密会日などの有力な情報を得ておくことで、探偵の調査も短時間で済むケースがあります。
一方で、密会日などの情報が乏しく、何も手がかりない状態で漠然と調査をすると、非常に調査が難航します。
おのずと、調査に多くの時間をかけることになり、料金が高額となることがあります。
料金を抑えるためにも、事前のリサーチは必要不可欠であり、調査を依頼するのであれば、まずは、1週間パートナーの行動を注意してみてみましょう!

2.調査期間が長い

調査期間が長ければ長いほど料金が高額になります。
2週間パックなど一定の期間を設けても制限時間内に調査が完了せず、延長した場合は、探偵事務所によっては、1日単位、1週間単位で、延長料金がかかってしまうこともあります。
1週間、2週間と延長していくと、延長料金も馬鹿になりません。
やはり、しっかりとした事前のリサーチが調査料金を抑えるコツとなります。

3.警戒が強く調査員の人数が多い

ターゲット1名については2名で行うことが基本です。
しかし、過去に対象者が探偵に調査をされたことがあったり、依頼者自らが尾行して対象にバレてしまったケースなどでは、調査員2名での尾行はかなり厳しくなります。
それゆえに、人数をかけて調査をすることになります。
結果として、通常の調査より、人件費がかかり費用がかさんでしまいます。
対象者が一番警戒しているのは、あなた自身になりますので、プロの探偵としては、自ら尾行するのは、あまりおススメできません。

探偵料金を抑える2つの方法

探偵料金を抑える2つの方法

探偵料金を抑える鉄則は、まずなにより行動パターンをしっかり把握することです。
そして、疑いの高い日に絞って、合理的・効率的な調査を行えば、探偵料金を比較的安く抑えることができます。

1.浮気をする日を特定してから依頼する

探偵料金は基本的に稼働時間から算出されるものです。
調査時間を短くすれば、おのずと料金も抑えられるのです。
調査時間を短くするには、1日限定の時間料金制です。
ピンポイントで「〇月〇日の夕方から5時間」というように指定すれば、比較的短時間で証拠を取ることができます。
やはり事前のリサーチが大事で、浮気相手との密会日がわかれば、調査日を限定して依頼することが望ましいでしょう。

2.調査料金、諸経費を含めた総額を確認する

前述のとおりですが、調査料金以外にかかる経費として、特殊機材代、車両代金、交通費、雑費等があります。
これらを料金をパックにしている探偵事務所もあります。
逆に、別途料金が発生する探偵事務所もあります。
浮気調査にかかりそうな時間を考慮し、諸経費を含めていくらになるのか確認したうえで、検討してみてください。
なお、探偵料金の確認方法としては、「2週間で1日5時間の調査を3回した場合、探偵料金は総額でいくらになるのか?」といった聞き方がよいでしょう!

 いかかでしたか。
 平穏な日常生活を過ごしているのであれば、探偵に浮気調査を依頼することはないと思いますが、備えは必要です。もしもこの先、浮気でお悩みの方がいれば、ここでお伝えした内容を参考にしてみてください。
 探偵調査は、お客様に見えないところで行うため、信頼できる探偵事務所を選ぶことが一番大切です!